2023年1月26日

Seminar on visual imaging and medical care in present-day Cambodia

Seminar Announcement

You are cordially invited to a seminar on visual imaging and medical
care in present-day Cambodia.
Date and Time:  February 10th, 2023  16:00 to 17:30
Place:  Tonantei, (2nd floor Inamori Memorial Foundation Building) and
ONLINE at the following URL
https://us06web.zoom.us/j/89229563436?pwd=M2U5UFhlWmZPb29ncmd2OU9kYVVjQT09
Title:  Fixing the Image: Ultrasound and the Visuality of Care in Phnom Penh
Speaker: Jenna Grant (University of Washington)

Abstract :
In Fixing the Image Jenna Grant theorizes the force and appeal of
medical imaging, particularly ultrasound, in the rapidly
changing urban landscape of Phnom Penh. Introduced around 1990, at the
twilight of socialism and after two decades of

conflict and upheaval, ultrasound took root in humanitarian and then
privatized medicine, offering the promise of diagnostic
information and better prenatal and general health care. Drawing from
years of ethnographic fieldwork and archival
research, Grant shows how the generative appeal of the mechanized
medical image connects to associations of technology
with the modernity of the postcolonial nation, the authority of skilled
vision in medicine and Theravada Buddhism,
and the economics of health care in Cambodia
s present-day authoritarian
capitalism. Set within the new abundance of
image-making technologies and new aesthetic possibilities, ultrasound
offers stabilizing knowledge and elicits desire
and pleasure, particularly for pregnant women. Grant off ers the concept
of
fi xing”– which invokes repair, stabilization,
and a dose of something to which one is addicted
to illuminate how
ultrasound is entangled with practices of care and
neglect across diff erent domains. Fixing the Image, thus, provides a
method for studying technological practice in terms of
specifi c materialities and capacities of technologies
in this case,
image production and the permeability of the body
and
specifi cities of culture, history, and political economy in medicine.

About the speaker:
Jenna Grant is associate professor of anthropology and faculty at the
Southeast Asia Center at the University of Washington, Seattle, USA.
Grant's research questions, methods, and commitments extend in three
different directions: medical imaging and visual practices of health
care in Phnom Penh; Cambodia as a site of experimental global health
sciences; and experiments in collective care in Cambodia and the U.S.
Her book, Fixing the Image: Ultrasound and the Visuality of Care in
Phnom Penh (2022), was recently published by UW Press. Grant teaches
undergraduate and graduate courses about the anthropology of technology,
visuality and medicine, Southeast Asia, and sociocultural

 

2023年1月18日

カンボジア無形文化遺産のセミナー(2023年2月3日)


2
3日に京都大学で、カンボジアのAPSARA AuthorityIm Sokrithyさんによるセミナーを行います。
アンコール地域の無形文化遺産と開発についてです。

:::::::::::::::::::::::::

Dear all,

Your are cordially invited to a special seminar on Intangible Cultural
Heritage in Cambodia on February 3rd.
The details are as follows.

Date and Time: 15:30-17:00, February 3rd (Fri), 2023.

Venue: Tonantei (Room 201), 2F, Inamori Building, Center for Southeast
Asian Studies, Kyoto University

Title: The research on Intangible Cultural Heritage of Angkor:
Traditional Handicrafts & Livelihood

Speaker: Mr. IM Sokrithy, Department of Research Training &
Communication, APSARA National Authority, Cambodia

Abstract:
Since 1992, the Angkor complex has been classified as a UNESCO World
Heritage site. Angkor designates not only a geographic region, but it
also designates a cultural landscape which includes a living cultural
heritage of inestimable importance in anthropological and linguistic
terms. The villagers of the Angkor Region are known to be particularly
conservative with respect to ancestral traditions, and a great number of
archaic cultural practices that have disappeared elsewhere continue to
be performed in its villages.
Angkor region stretches from the great lake of Tonle Sap on the south
toward the Kulen Range on the north, which covers an area of several
thousand square kilometers. Based on geographical and environmental
factors in the context of a long history of human occupancy, the region
can be distinguished by three major types of village community. Each
type occupies one of the main ecological sub-zones of the region and is
differentiated by socio-cultural characteristics. Angkor world heritage
site covers on area 401km2, covered partially the three types of the
community, including 112 villages.
The research conducts on the selected representing of 60 villages, which
is firstly, focusing on the village landscapes which are constrained by
settlement structure and the local environment. Many villages are
situated on ancient infrastructure. Other villages are found close to
ancient temples or clustered around a temple, which gives a different
character to the village landscape. Some villages have gradually
developed in a cluster around a central Buddhist monastery. The villages
are surrounded by rice fields, vegetation or the forest of their
communities. Secondly, the research is working on traditional
handicraft, weaving, blacksmith, collection of medical plants and other
natural forest products for trading with the citizen within Angkor
region. The residents of the Angkor area trade these products for fish
and other commodities from the Tonle Sap area. The residents of the
Angkor area trade these products for fish and other commodities from the
Tonle Sap area.
The results from the study shows the daily life of many Angkorian
villages which are supposedly not changed much, traditional crafts and
weaving are still practiced. These include basket, mat and natural broom
dressing; root thatch dressing; weaving cotton and making alcohol from
rice. These activities are performing under or near the house. These
practices have unique cultural value and should be the focus of
sensitive management approaches as they may be utilized by the tourism
industry, in which the Contribution of Intangible Cultural Heritage for
Sustainable Communities Development will be responded.

Contact:
kobasa(at)cseas.kyoto-u.ac.jp

テキスト が含まれている画像

自動的に生成された説明

京都大学 東南アジア地域研究研究所

/

cseas.kyoto-u.ac.jp

 :::::::::::::::::::::::::

2022年12月12日

ポスト・アンコール時代研究会(第9回)のご案内

早稲田大学文化財総合調査研究所は、ポスト・アンコール時代研究会(第7回)を開催いたします。今回はハイブリッド方式での開催となります。オンライン参加の場合は事前に参加登録が必要となります。対面参加の場合は事前登録は不要です。


ご出席いただけますよう、お願い申し上げます。


<
ポスト・アンコール時代研究会(第9)>

【日時】1217() 14:0016:00 

【開催形式】 ハイブリット(zoom+対面)形式(会場:早稲田大学 戸山キャンパス33号館6F 国際会議場 https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus

【発表者】久保真紀子(立正大学)

【タイトル】「アンコール期のヴェッサンタラ本生図の浮彫」


オンライン参加登録は次のフォームからお願いいたします。

開催時刻:20221217 02:00 PM 大阪、札幌、東京

このミーティングに事前登録する:
https://us06web.zoom.us/meeting/register/tZAoc-6rqjwiEtLQC87eLbPQUoi9U71-izZD

登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。

問い合わせ先
162-8644
東京都新宿区戸山1-24-1
早稲田大学文学学術院 田畑幸嗣研究室内
早稲田大学文化財総合調査研究所
Tel:03-5286-3647
E-mail: tabata-y[@]waseda.jp

(お問い合わせの際は、[@]@に変換の上ご連絡ください)

 

 

2022年11月11日

【オンライン研究会】ポスト・アンコール時代研究会(第8回)のご案内

早稲田大学文化財総合調査研究所は、ポスト・アンコール時代研究会(第8回)を開催いたします。今回はオンライン方式での開催となります。事前に参加登録が必要となります。


ご出席いただけますよう、お願い申し上げます。

<ポスト・アンコール時代研究会(第8回)>


【日時】1119() 14:0016:00 

【開催形式】 オンライン(zoom)

【発表者】松浦史明(上智大学)

【タイトル】「明代の史料から見たカンボジア ―漢籍からのぞくアンコールとポスト・アンコールのはざま―」


オンライン参加登録は次のフォームからお願いいたします。

開催時刻:20221119 02:00 PM 大阪、札幌、東京

このミーティングに事前登録する:
https://us06web.zoom.us/meeting/register/tZcsduyurT0vGNTOCHkfEcgoXoKXJk4S42nS

登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。



問い合わせ先
162-8644
東京都新宿区戸山1-24-1
早稲田大学文学学術院 田畑幸嗣研究室内
早稲田大学文化財総合調査研究所
Tel:03-5286-3647
E-mail: tabata-y[@]waseda.jp

[@]@に変換の上、お問い合わせください)

 


2022年10月19日

【ハイブリッド研究会】ポスト・アンコール時代研究会(第7回)

早稲田大学文化財総合調査研究所は、ポスト・アンコール時代研究会(第7回)を開催いたします。今回はハイブリッド方式での開催となります。オンライン参加の場合は事前に参加登録が必要となります。対面参加の場合は事前登録は不要です。

ご出席いただけますよう、お願い申し上げます。ポスト・アンコール時代研究会(第7回)【日時】10月29日(土) 16:00~18:00

【開催形式】 ハイブリット(zom+対面)形式(会場:早稲田大学 戸山キャンパス33号館6F 国際会議場 https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【発表者】北川香子(学習院女子大学)
【タイトル】「アンコールとポスト・アンコールのはざまをのぞく」
オンライン参加登録は次のフォームからお願いいたします。
開催時刻:2022年10月29日 04:00 PM 大阪、札幌、東京 このミーティングに事前登録する:https://us06web.zoom.us/meeting/register/tZMvd--gqzkiGtalUhzSwA6W5OrGGCgA51Iz
登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。
問い合わせ先〒162-8644東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学学術院 田畑幸嗣研究室内早稲田大学文化財総合調査研究所Tel:03-5286-3647E-mail: tabata-y[@]waseda.jp
([@]を@に変換)

2022年6月19日

【オンラインセミナー】カンボジアにおける高等教育―誰のための、何のためのものか?―(UN, Leang 氏、カンボジア王立プノンペン大学人文・社会学部 学部長)

2022年6月30日、カンボジア王立プノンペン大学人文・社会学部学部長のUn Leang先生が「カンボジアにおける高等教育—誰のための、何のためのものか?—」という題目でzoomレクチャーをされます。

ご関心のある方がおられましたら、以下名古屋大学高等教育センターのサイトから申し込みをされますようお願いいたします。申込締め切りは6月27日です。

名古屋大学高等教育センターのセミナー案内:https://www.cshe.nagoya-u.ac.jp/seminar/220630_un/


2022年6月14日

7月16日 17日 第16回日本カンボジア研究会 プログラム

第16回日本カンボジア研究会 プログラム

期日:2022年7月16日(土)、17日(日) 

開催形態:対面兼オンライン

開催場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 大会議室

https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/


<2022年7月16日(土)>


12:30 開場

13:00-13:10 趣旨説明


13:10-14:10 発表(1)【対面】

傘谷祐之(KASAYA Yushi) 名古屋大学

「カンボジア王国憲法30年のあゆみ:「複数政党制の自由民主主義体制」の変容」

“Thirty Years of the Constitution of the Kingdom of Cambodia: The Metamorphosis of "the principles of liberal multi-party democracy”

発表要旨は、こちら


14:10-15:10 発表(2)【対面】

吉田篤史(YOSHIDA Atsushi) 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 修士課程

「1980年代初期におけるカンボジア人民革命党の権力構造」

“Who had power in the People's Revolutionary Party of Kampuchea in the Early 1980s?”

発表要旨は、こちら


15:10-15:30 休憩


15:30-18:00 パネル「地方議会選挙から考える独裁回帰後のカンボジア政治」

“Cambodian Politics after Returning to Dictatorship: A Perspective from Commune Council Elections”

 2017年の最大野党・救国党の解党、2018年の国民議会選挙での人民党による全議席独占により、カンボジアは事実上の一党独裁に回帰したと言われている。近年のカンボジアでは野党勢力の分断が進む一方、世襲による首相後継構想が表明されるなど、フン・セン首相を中核とする人民党支配は強権化の一途をたどっている。今年6月に実施された第5期コミューン評議会選挙は、独裁回帰後初めての地方レベルにおける直接選挙であり、人民党による体制維持戦略上、そして野党勢力にとっても来年の総選挙への足掛かりとして重要な意味を持つ。

 本パネルは、2017年の選挙を事例として人民党体制下におけるコミューン評議会選挙の役割・機能に関する分析(山田裕史・新潟国際情報大学)、独裁回帰後のカンボジアの政治動向と第5期コミューン評議会選挙に関する分析(新谷春乃・日本貿易振興機構アジア経済研究所)、日本政府による選挙管理支援の現場からの報告(辰巳知行・JICA 専門家)で構成される。ディスカッションでは、これらの報告をもとにカンボジア政治の現在と2023年国民議会選挙への展望を議論する。


 司会:小林知(KOBAYASHI Satoru)京都大学【対面】


15:30-15:35 趣旨説明【オンライン】

新谷春乃(SHINTANI Haruno) 日本貿易振興機構アジア経済研究所


15:35-16:05 発表 ①【オンライン】

山田裕史(YAMADA Hiroshi) 新潟国際情報大学

「人民党体制下のコミューン評議会選挙の役割・機能」

 

16:05-16:35 発表 ②【オンライン】

新谷春乃(SHINTANI Haruno) 日本貿易振興機構アジア経済研究所

「独裁回帰後のカンボジアの政治動向と第5期コミューン評議会選挙」


  16:35-16:45 休憩


16:45-17:15 発表 ③【オンライン】

辰巳知行(TATSUMI Tomoyuki) JICA専門家

「カンボジアにおける選挙管理の現状と課題及び日本の選挙管理協力」

 

17:15-18:00 コメント・質疑応答【オンライン】

コメンテーター:初鹿野直美(HATSUKANO Naomi)日本貿易振興機構アジア経済研究所


※懇親会の開催については検討中です。


<2022年7月17日(日)>


9:30 開場


10:00-11:00 発表(1)【オンライン】

東佳史(AZUMA Yoshifumi)立命館大学

「プノンペンの配車アプリドライバー達に関する予備考察:2022年リモート調査から」

“Interim Report on the Dispatch Application Drivers in Phnom Penh 2022”

発表要旨は、こちら


11:00-12:00 発表(2)【オンライン】

吉田尚史(YOSHIDA Naofumi)立正大学

「在留カンボジア人労働者の医療・福祉についての検討-“精神の不調”に注目をして」

“A Study of Cambodian Workers on Medical Service and Social Welfare in Japan: Focusing on "Mental Issues"”

発表要旨は、こちら


 〈お昼休憩〉


13:00-14:00 発表(3)【対面】

下田麻里子(SHIMODA Mariko)早稲田大学文学研究科博士後期課程 日本学術振興会特別研究員

「アンコール期末期からポスト・アンコール期初頭のカンボジア初期上座部仏教寺院の形成過程とその歴史的背景に関する検討」

“A Study on the Formation Process of Cambodian Early Theravada Buddhist Temples and its Historical Background in the Late 13th - 16th Centuries”

発表要旨は、こちら


14:00-15:00 発表(4)【対面】

千田沙也加(SENDA Sayaka)京都大学東南アジア地域研究研究所 日本学術振興会特別研究員

「カンボジアにおける凄惨な過去の継承に関する予備的考察―教師教育者の経験と語りから―」

“A Pilot Study of the Inherited Tragic Past in Cambodia: Analysis of Teacher Educators’Experience and Narrative”

発表要旨は、こちら


15:00-16:00 発表(5)【オンライン】

ソウ・ヤーリー(SOU Yaly)横浜国立大学国際社会科学府 博士課程

「カンボジアにおける登記なき不動産特別占有権の保護に関する考察」

“Consideration on the Protection of Unregistered Special Possession Rights on Real Estate in Cambodia”

発表要旨は、こちら