2019年1月17日

1/26 日本マレーシア学会関東地区例会、2018年度第3回研究会

下記の通り、研究会を実施いたします。

マレーシア学会会員以外の方も出席可能(事前登録不要)ですので、お誘い合わせの上、ご参集ください。

報告90-120分、コメント30-60分ののち質疑とゆったり時間を取り、十分説明、議論できる場です。引き続き国内外を問わず発表されたい方が居られれば、自薦でも他薦でもご一報下さい。
-----

〇スケジュール
・日時: 1月26日(土) 14:00~17:00
・会場: 立教大学池袋キャンパス 4号館別棟 1階 4151教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/qo9edr00000001gl-att/img-campusmap_ike.pdf
(学生相談所と13号館の間の建物です)

・テーマ: 「マレーシア・クランタンの影絵芝居『ワヤン・クリ・クランタン』とカンボジアの大型影絵芝居『スバエク・トム』」

〇報告者
・福富友子(東京外国語大学、上智大学非常勤講師)
・戸加里康子(拓殖大学、東京外国語大学、立教大学非常勤講師)

〇趣旨
 動物の皮から作られた人形に光を当て、白いスクリーンに映し出された影を動かしながら演じられる影絵芝居。トルコから中国まで世界の広い地域にそれぞれの影絵芝居があるが、東南アジアでは特にポピュラーな芸能である。カンボジアとタイには、大型と小型の二種類の影絵芝居があり、カンボジアではスバエク・トムとスバエク・トーイ、タイではナン・ヤイとナン・タルンと呼ばれている。

マレーシアとインドネシアには、小型の影絵芝居だけがあり、ワヤン・クリと呼ばれる。

 本発表では、マレーシア・クランタン州のワヤン・クリをカンボジアの大型影絵芝居スバエク・トムと比較する。

 マレーシア・クランタン州のワヤン・クリでは、一人の人形遣いと音楽演奏者で上演を行う。人形遣いはスクリーンの後ろに座り、一人で全ての人形を操る。スクリーンの下に据えられたバナナの幹に、人形の持ち手を突き刺すことで、一人で複数の人形を遣うことができる。人形はほとんどが片手だけ動くようになっているが、道化の人形は両手とあごも動く。人形遣いは人形を操るだけでなく語りも行うが、性格の異なる様々な登場人物を、声音を変えて全て一人で演じ分けるのは、人形遣いの腕の見せ所である。

 「大きな皮」という意味のスバエク・トムは、大きな影絵人形を複数の人形遣いが操る。人形遣い以外に物語の語り手と音楽の演奏者で上演が行われる。人形には、一枚の中に複数の登場人物が描かれた物語の場面を表すものと、登場人物ごとのものがある。どちらも人形自体は動かない。人形遣いは、大きなものでは1m以上にもなる人形を頭上に掲げ、音楽に合わせてステップを踏みながら踊るように人形を遣う。人形の影だけでなく、人形を操る人形遣い自身の影もスクリーンに映し出され、またスクリーンの裏側だけでなく、表側に出て演じることもあり、非常にダイナミックな影絵芝居である。

 本発表では、それぞれの影絵芝居の人形、音楽、上演法などについて紹介する。また、2つの影絵芝居の意外な相似点についても論じてみたい。

2019年1月4日

1/19 東南アジア学会、関西例会

International Seminar on “(Re)connecting the Past after the Battle
Field: A Study of Cambodian Historiography after 1991”

Date: January 19, 2019 (Sat.) 14:30-18:00

Venue: Seminar Room, 1st Floor, Eastern Building, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University
https://en.kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/

14:30-14:45  Opening
Introduction of the Seminar and the Background of the Project
by KOBAYASHI Satoru, CSEAS, Kyoto University and SHINTANI Haruno,
Doctoral Student of the University of Tokyo

14:45-15:45  Presentation (1)
“History Textbooks and Politics: focusing on Cambodian context after
Paris peace accords”
by SHINTANI Haruno, Doctoral Student, Graduate School of Letters,
University of Tokyo, Japan.

15:45-16:00  Break

16:00-17:00  Presentation (2)
“The Kan Narrative: Origins, Evolution, and Implications”
By Thun Theara, Lecturer, History Department, Royal University of Phnom
Penh, Cambodia and the post-doctoral fellow of the International
Institute for Asian Studies, Leiden, Holland.

17:00-18:00  Discussion

Note:
This seminar is organized by International Program for Collaborative
Research (IPCR), the Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University.

2018年11月7日

11/10-11 アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド@北千住BUoY

ボンプン・イン・トーキョー
https://www.festival-tokyo.jp/18/program/bonnphum
プノンペン大学を卒業した若手キュレーターがプノンペン近郊の村の寺でおこなった、伝統的な正月のお祭りを現代風にアレンジしたイベント「ボンプン」を、東京で再現。

フィールド・プノンペン
https://www.festival-tokyo.jp/18/program/PhnomPenh
展示とトーク、映像で今のプノンペンを感じていただける企画。クメール語による小説を版し、クメール語書籍専門店もオープンさせたマニスさんやプノンペンのキュレーターであるダナさんなどを現地からお呼びし、トークを開催。

2018年10月11日

10/25-27 けいはんな情報通信フェア2018

国立研究開発法人情報通信研究機構、多言語音声翻訳アプリ<ボイストラ>クメール語版関連イベント

イベント名:けいはんな情報通信フェア2018
http://khn-fair.nict.go.jp/tenji.html

会期:2018年10月25, 26, 27日(木〜土)

会場:けいはんなプラザ(京都府精華町)
http://khn-fair.nict.go.jp/access.html

多言語音声翻訳アプリ<ボイストラ>
http://voicetra.nict.go.jp/

2018年10月7日

12/15-16 東南アジア考古学会2018年度大会

東南アジア考古学会2018年度大会
テーマI:琉球王国と東南アジア
テーマII:先史時代の琉球列島と東南アジア

開催概要
日時 2018年12月15日(土)、16日(日)
会場 沖縄国際大学 3号館202教室
主催 東南アジア考古学会
後援 沖縄考古学会

【会場へのアクセス】
沖縄国際大学への行き方は、同大ウェブサイトからご確認ください。
なお那覇市内から会場への移動はタクシーも便利です。3人程度で乗車していただくと1人あたり1,000円前後の見込みです。

【大会参加費】
資料代として1,000円をいただきます。
東南アジア考古学会会員、沖縄考古学会会員は無料です。

【懇親会について】
参加費4,000円
当日の参加申込も歓迎です。参加費は当日大会会場でお支払いください。
会場「ぱいかじ(沖国大前店)」 
事前申込先:メール本文にお名前をご記入ください(学会会員はその旨もお知らせください)。
jssaa2018konshin[atmark]gmail.com

【お問い合わせ】
東南アジア考古学会事務局
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科 田中和彦研究室内
E-mail: jssaa[atmark]jssaa.jp


プログラム

【第1日目:2018年12月15日(土)】

12:00~12:30 開場・受付

12:30~12:55 会員総会(会員総会は東南アジア考古学会会員が対象です)

13:00~13:05 開会挨拶 田中和彦(鶴見大学、東南アジア考古学会会長)

13:05~13:45 記念講演 安里嗣淳氏(元沖縄県立埋蔵文化財センター所長)「沖縄の亀甲墓」

13:45~14:25 基調講演 江上幹幸氏(元沖縄国際大学教授、元東南アジア考古学会会長)「インドネシア・ラマレラ村の捕鯨文化とは-捕鯨に基づいた山の民との交換経済を中心に-」

14:25~14:35 休 憩

テーマI:琉球王国と東南アジア

14:35~15:05 森達也氏(沖縄県立芸術大学)「沖縄と台湾出土の貿易陶磁器」

15:05~15:35 菊池百里子氏(人間文化研究機構)「沖縄出土のベトナム陶磁器が語る15世紀」

15:35~15:45 休 憩

15:45~16:15 杉山洋氏(奈良文化財研究所)・田畑幸嗣氏(早稲田大学)・佐藤由似氏(奈良文化財研究所)「南西諸島出土のクメール陶器と近年のクメール陶器窯の調査成果」

16:15~16:35 質疑応答

17:30~ 懇親会「ぱいかじ(沖国大前店)」(参加費4,000円)

【第2日目:2018年12月16日(日)】

09:40~10:00 受付

テーマII:先史時代の琉球列島と東南アジア

10:00~10:30 山崎真治氏(沖縄県立博物館・美術館)「沖縄における旧石器時代研究の現状と課題」

10:30~11:00 小野林太郎氏(東海大学)「東南アジア島嶼部における旧石器人の島への移住と海洋適応」

11:00~11:10 休 憩

11:10~11:40 久貝弥嗣氏(宮古島市教育委員会)「宮古・八重山諸島における貝塚時代の利器と装身具」

11:40~12:10 深山絵実梨氏(東京藝術大学)「新石器時代東南アジアの装身具と利器」

12:10~12:30 質疑応答

12:30~13:30 昼 食

13:30~14:00 松村博文氏(札幌医科大学)・山形眞理子氏(岡山理科大学)「東南アジア・中国の先史採集狩猟民に共通するユニークな埋葬」

14:00~14:30 新里貴之氏(鹿児島大学)「琉球列島先史時代の重層石棺墓について」

14:30~14:40 休 憩

15:10~15:40 高宮広土氏(鹿児島大学)「奄美・沖縄における先史時代人の食性」

15:40~16:20 Ame M. Garong氏 (Archaeology Division, National Museum of the Philippines) “Ancient Filipino Diet-Reconstructing diet from human remains excavated in the Philippines.” (日本語通訳付き)

16:20~16:40 質疑応答

16:40~16:45 閉会挨拶

2018年9月30日

10/13 カンボジア市民フォーラム、カンボジア・セミナー「カンボジアのいま -2018年7月「総選挙」後、どうなる、どうする」

“カンボジアのいま -2018年7月「総選挙」後、どうなる、どうする”
~1993年UNTAC総選挙から25年、現在のカンボジア政治・人権状況を検証する~

【日時】 2018年10月13日(土)12:15-17:00(11:45開場、受付開始)

【会場】 上智大学四ッ谷キャンパス6号館3階301

【使用言語】 日本語。 基調講演は英語で行います。(日本語翻訳配付)

【資料代】 一般1,000円/学生700円(カンボジア市民フォーラム会員は無料)

【お申込み】 カンボジア市民フォーラムのホームページ(www.pefocj.org)の参加フォームからお申込みください。*事前申込制

 1993年国連暫定統治下の選挙を経て25年、カンボジアの和平と民主主義は定着したかに見えました。しかし昨年、最大野党(総議席数123のうち55議席を占めていた)の強制解党という異常な状況の下、本年7月29日第6回「総選挙」は行われました。事前に予想された通り、与党カンボジア人民党は「圧勝」全125議席獲得ということになりましたが、国際社会からは大きな批判を浴び、また国内的には発言しにくい政治状況の中、不満の声は鬱積しています。
 本プログラムでは、渦中にあるトゥン・サライ氏(カンボジア人権開発協会【ADHOC】代表)を招聘し、第一部において、人権状況について討議を行い、また「総選挙」とその前後の政治・人権状況を振り返ります。また日本の外交政策における人権の重要性を確認します。第二部では、カンボジアの状況を、東南アジアや中国からの視点をふくめ総合的に見直します。
  総選挙そして政治過程は社会のあらゆるセクターに影響を与えるテーマですので、NGOを含む国際協力や調査・研究、メディア、ビジネスなど、カンボジアおよび日本の外交・援助政策にご関心のある皆さまの幅広いご参加をお待ちしております。

〈プログラム〉

開会の辞: 丸井雅子所員(上智大学アジア文化研究所)

第一部
・ 12:30~ 基調講演: 「総選挙、政治・人権状況とこれからのNGO」
 トゥン・サライ氏(ADHOC)

・ 13:15~ 2018年「総選挙」前後の状況報告:

・ 13:40~15:20パネル・ディスカッション:
「カンボジア政治状況と、日本の協力のあり方」
 司会:宇井志緒利(フォーラム共同代表/立教大学教員)
    杉浦正俊課長(外務省総合外交政策局人権人道課)
    高橋智史氏(フォト・ジャーナリスト)
    米倉雪子氏(昭和女子大学教員)
    佐藤安信(フォーラム世話人)

第二部 15:30-17:00 東南アジア、アジアの中のカンボジア
 司会:熊岡路矢(フォーラム共同代表/日本映画大学教員)
    浅見靖仁氏(法政大学教員 タイ政治)
    中野亜里氏(大東文化大学教員 ベトナム政治)
     ペン・セタリン氏(プノンペン大学教員。東南アジア文化支援プロジェクト代表)
    佐藤安信(フォーラム世話人/東京大学大学院教員/元UNTAC人権担当官)

閉会の辞: 枝木美香事務局長(認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク)

【主催】カンボジア市民フォーラム
【共催】上智大学アジア文化研究所
    認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
【撮影記録協力】 日本映画大学
【助成】公益財団法人庭野平和財団
【お問い合わせ】カンボジア市民フォーラム事務局 E-mail: pefocj[atmark]hotmail.co.jp
  電話03-3834-2407(水曜日のみ対応可能)/FAX 03-3835-0519

2018年9月26日

10/15 第262回東南アジア考古学会例会

第262回東南アジア考古学会例会をご案内いたします。各国の研究者より、カンボジア・スリランカでの最新調査成果の報告いただきます。ご出席いただけますようお願い申し上げます。

テーマ:「カンボジア考古学の最新調査」

日時:10月15日(月)13:30−16:30

受付:13:10

場所:奈良文化財研究所 新庁舎4階会議室2
アクセス:近鉄大和西大寺駅北口から東へ向かい、二条町交差点を南へお進みください。

参加申し込み:10月13日までに、E-mailで佐藤宛までご連絡ください。当日参加も歓迎いたします。

連絡先:佐藤由似:yuni[atmark]nabunken.go.jp
奈良市二条町2−9−1
奈良文化財研究所企画調整部国際遺跡研究室

プログラム

13:30 開会挨拶

13:35ポルキンホーン・マーティン (フリンダース大学)
「再構成された王国:カンボジアの16・17世紀の都、ロンヴェークにおける初期的な考古学調査」

14:00 ラム・ソピアック(奈良文化財研究所)
「プラサート・プレア・チャトムックの考古学調査」

14:20 ソク・ケオ・ソヴァンナラ (奈良文化財研究所)
「西トップ遺跡中央祠堂の修復」

14:40休憩

15:00 マルティネス・アレハンドロ、安倍雅史(東京文化財研究所)
「タ・ネイ寺院の保存・考古学的調査」

15:20ブラザーソン・デイヴィッド (シドニー大学)
「商業・首都・地域:アンコール終焉に至るまでの貿易陶磁・居住形態と連続性」

15:40ジョンソン・ウェイン(ニューサウスウェールズ州文化財部戦略的計画・遺産課 上席考古学研究職)
「1200−1900年のスリランカ、マナールにおける植民地期遺産に関する初期的な考古学研究」

16:00 討論・質問