2020年2月15日

3/1 アジア政経学会定例研究会、東南アジア学会九州地区例会

アジア政経学会定例研究会、東南アジア学会九州地区例会

日時:2020年3月1日(日)14:30~17:20

場所:九州大学 西新プラザ(福岡市早良区西新2-16-23)
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/index.php
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/access.html

報告1: (14:30~15:10)
報告者:謝 帆(九州大学 大学院地球社会統合科学府 修士2年)
テーマ:文芸雑誌「摘訳」に見る中国「文革」時期の日本文学翻訳と受容
討論者:阿古 智子(東京大学)

報告2:(15:10~15:50)
報告者:李 翔宇(同志社大学 経済学研究科 博士後期課程)
テーマ:中国における経済成長の収束性に関する分析
討論者:戴 二彪(アジア成長研究所) 

~ 休憩10分 ~ (15:50~16:00)

報告3:(16:00~16:40)
報告者:劉 澤文(九州大学 大学院経済学府経済システム専攻 修士2年)
テーマ:中国企業のカンボジアにおける農地取得――バイオエタノール原料としての
キャッサバ生産の拡大
討論者:清水 一史(九州大学)

報告4:(16:40~17:20)
報告者:山口 健介(東京大学 未来ビジョンセンター 特任助教)
テーマ:タイに見る天然ガス川下産業の競争力――マレーシア、インドネシアとの
比較的見地
討論者:佐藤 百合(アジア経済研究所)

定例研究会の終了後、近くで懇親会を予定しています。ご都合のつく方は、そちらにもぜひご参加ください。

問い合わせ先:
定例研究会運営委員会 佐藤百合・阿古智子 (teikikenkyukaijaas〔@〕icloud.com)
あるいは清水一史(shimizu〔@〕econ.kyushu-u.ac.jp)
までお願いします。(〔@〕を@に変えてお送りください)

2/15, 17 選挙関連セミナー(カンボジアとインドネシア)

下記のように, 解党されたカンボジア救国党幹事長Son Chhay氏とインドネシアからビッグデータを用いた選挙キャンペーン分析のDr Ismail Fahmi氏を招いてセミナーを開催します。

東京と京都で開催しますので興味のある方はぜひお越しください。

15日(土)の東京でのセミナーは下記WEBサイトご覧ください。
http://www.gpaj.org/ja/

特に17日(月)午後1時からの京都の立命館国際平和ミュージアムでのセミナーは空席がありますので奮ってご参加ください。
******************************
日時:2月15日(土)15:00-17:00

日本平和構築協会セミナ- (討論はチャタムハウス方式です)

テーマ:変容の選挙キャンペーン 2019年インドネシア大統領選からカンボジア2023年下院選挙を展望する
(使用言語は英語、通訳なし)

会場:JICA市ヶ谷ビル601-602会議室
https://www.jica.go.jp/about/structure/hq.html

*******************************
京都でのセミナー

日時:2月17日(月)13:00-15:00

会場: 立命館大学国際平和ミュージアム 2階 ミュージアム会議室
https://www.ritsumeikan-wp-museum.jp/info/#anc03

テーマ:東南アジアにおける民主主義の後退(インドネシアとカンボジアを例として)
(使用言語は英語、通訳なし)

講師
HE Son Chhay
カンボジアシェムレアップ州生まれ、内戦中に豪州に難民として逃れ、フリンダース大学で数学、アデレード大学院にて教育学を収める。1993年のUNTAC選挙でシェムレアップ州からBLDP仏教民主党から立候補して当選、以降サムレアンシー党、救国党議員を2017年まで務める。その間、常に党の上級幹部を務め、特に2013年総選挙と2017年の地方選での救国党躍進に貢献。2019年11月にサムランシ帰国運動とは一線を画し、豪州にとどまりながら活動を続けている。
https://projects.voanews.com/cambodia-election-2018/english/profile/politician/son-chhay-cnrp.html

Dr Ismail Fahmi
バンドン工科大学を卒業後、オランダ・グロニンゲン大学院にてMA、Ph.D.(コンピュータ科学)取得。帰国後自らのシンクタンクであるPT Media Kernelsを設立しコンサルタント業務を開始。特に2019年インドネシア大統領選ではSNSに投稿されるビッグデータを分析した。
レクチャーは“Mobilization and Orchestration of Cyber Troop and Computational
Propaganda: Lessons from the Indonesian Presidential Election of 2019”

2019年12月24日

1/23-25 早稲田大学文化財総合調査研究所シンポジウム「メコンがつなぐ文化多様性 −東南アジア文化遺産研究の現在−」

 このたび早稲田大学文化財総合調査研究所は、東南アジア大陸部の文化遺産に関する研究会・シンポジウム「メコンがつなぐ文化多様性 −東南アジア文化遺産研究の現在−」を下記の通り開催することとなりました。

 本イベントではメコン川流域の5カ国から文化遺産に携わる行政担当官や研究者などの専門家を12名お招きして、文化遺産の保護・研究に関する最新の成果などをご発表をいただきます。3日間にわたるイベントで、日本の研究者や学生らによるポスター展示も併せて行います。東南アジア文化遺産専門家が一堂に会する貴重な機会です。ぜひ奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。



----【国際研究会】---

日時:2020年1月23日(木)、1月24日(金)

会場:早稲田大学戸山キャンパス 33号館16階第10会議室
        (東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩3分)
          アクセス詳細はこちら→ https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus

※使用言語:英語

●プログラム

1日目:1月23日(木)13:00~17:30(開場12:30)

13:00-13:15 オープニングスピーチ:中川武(早稲田大学・名誉教授)

13:15-14:30 カンボジアセッション(75分)

コーディネーター:田畑幸嗣(早稲田大学・教授)

発表1「Survey on ancient drainage system of Preah Vihear temple(プリア・ヴィヘア寺院の古代排水システムに関する研究)」 ペン・サムオウン(プリア・ヴィヘア機構・考古記念物局局長)

発表2「Kok Dei Chhnang kiln site, Koh Ker(コー・ケー、コック・デイ・チナン窯址)」ピン・ペアックダイ(プリア・ヴィヘア機構・考古記念物局局員)

14:30-15:00 休憩

15:00-16:15 ミャンマーセッション(75分)

コーディネーター:大田省一(京都工芸繊維大学・准教授)

発表1 「Teak Wood Architecture and it’s Conservation at Myanmar(ミャンマーのチーク材建築とその保存)」ザー・チ・ミン(工科大学マンダレー校・教授)

発表2 「Cultural Heritage Sites in Myanmar(ミャンマーにおける文化遺産遺跡)」ソー・ソー・リン(宗教文化省考古・国立博物館局バガン支局副支局長)

16:15-16:30 休憩

16:30-17:30 質疑応答・討論

2日目:1月24日(金)10:00~17:30(開場9:30)

10:00-11:15 タイセッション(75分)

コーディネーター:原田あゆみ(九州国立博物館)

発表1 「The Present State of Conservation of Phimai Cultural Route(ピマイ文化ルートの保存の現状)」バス・ポーシャナンダ(文化省芸術局建造物課/イコモス・タイ国内委員会事務
局長)

発表2 「Survival of Religious Heritage in Bangkok(バンコクにおける宗教遺産遺物)」パットラウォン・ポンシン(タイ文化芸術省)

11:15-13:00 休憩(昼食)

13:00-14:15 ラオスセッション(75分)

コーディネーター: 歳原佳世子 (学習院女子大学)

発表1 「Preserving and inheriting cultural heritage of Laos(ラオスの文化遺産の保存と継承)」ヴィエンケオ・ソックサヴァティ(情報・文化・観光省 遺産局服局長)

発表2 「Archaeological Survey at Dongphansen Ancient Site for Preservation in Thakhek District, Khammouane Province,Lao PDR(ラオス、カムアン県、ターケーク地区、Dongphansen古代遺跡の保護に関する考古学的調査)」ソヴァンナホン・ラタナピン(国立大学考古歴史学部・講師)

14:15-15:00 休憩

15:00-16:15 ベトナムセッション(75分)

コーディネーター: 田畑幸嗣(早稲田大学・教授)

発表1 「Archaeological Heritage Management in Vietnam: From the Law to
Reality(ベトナムにおける考古遺産マネージメント:法律から現実へ)」ラム・ティ・ミー・ズン(国家大学人文社会科学大学人類学博物館・館長)

発表2 「The variation of stone tools at Nguom rock-shelter and the potential researches to identify the process of occupation of modern humans in MIS 3, northern Vietnam(グオム岩陰における石器バリエーションとベトナム北部MIS 3における現生人類の居住プロセス特定のための潜在的研究)」ファム・タイン・ソン(ベトナム考古学院・研究員)

16:15-16:30 休憩

16:30-17:30 質疑応答・討論

17:30-17:40 閉会挨拶

---【国際シンポジウム】---

日時:2020年1月25日(土)10:00~16:40(開場9:00)

会場:早稲田大学  早稲田キャンパス27 号館地下2階 小野記念講堂
       (東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分)
         アクセス詳細はこちら→ https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

主催:文化庁・早稲田大学文化財総合調査研究所

協力:文化財保存計画協会

後援:東京文化財研究所、奈良文化財研究所、文化遺産国際協力コンソーシアム、日本イコモス国内委員会、東南アジア考古学会

※使用言語:日英同時通訳
(定員200名・参加費無料。事前登録は不要です)

●プログラム

10:00-10:10 開会挨拶・趣旨説明:花井俊介(早稲田大学・総合研究機構長)

10:10-11:00 講演1:「世界文化遺産マネージメント」コン・プティカ(カンボジア、プリア・ヴィヘア機構総裁)

11:00-11:50 講演2:「バガン:ミャンマーの世界遺産 ー 美術・建築・文化的景観 ー」テイン・ルイン(ミャンマー、宗教文化省考古・国立博物館局副局長)

11:50-13:30 休憩

13:30-14:10 講演3:「東南アジアにおける東京文化財研究所の文化遺産国際協力」友田正彦(東京文化財研究所・文化遺産国際協力センター センター長)

14:10-14:50 講演4:「奈良文化財研究所の文化遺産国際協力:メコン流域諸国を中心に」佐藤由似(奈良文化財研究所・企画調整部国際遺跡研究室 専門職)

14:50-15:30 休憩

15:30-16:30 カンボジア古典舞踊パフォーマンス・解説:山中ひとみ(カンボジア古典舞踊家)

16:30-16:40 閉会挨拶:田畑幸嗣(早稲田大学・文化財総合調査研究所 所長)

以上

--- お問い合わせ ---
早稲田大学文化財総合調査研究所
メコンシンポジウム事務局
メール:mekong.symposium[atmark]gmail.com

2019年10月15日

10/24 第172回東北人類学談話会(東南アジア学会、北海道・東北地区例会、共催)

下記の通り、「東北人類学談話会」との共催で、東南アジア学会 北海道・東北地区例会を開催することになりました。

参加申し込みは不要ですので、奮ってご参加ください。

第172回東北人類学談話会 東南アジア学会 北海道・東北地区例会 共催

日時:10月24日(木)14:30~18:00

場所:東北大学文学研究科棟 7階 701講義室(予定)

14:30~(発表30分、質疑応答15分)

発表者:髙島理奈子氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 修士課程)

発表題目:
カンボジアにおける水利用の異なる多様な稲生態系での営農の近年の変化

休憩15:15~15:30

15:30~
発表者:宮城県仙台二華高等学校2年生(GS課題研究ⅡA)

発表題目:北上川、メコン川をフィールドとした世界の水問題解決への取組
※12グループによるポスター発表となります。

10/19-20 日本女子大学学園祭「カンボジア手織物の展示会」

下記日程で、「カンボジア手織物の展示&バザー」を日本女子大学学園祭にて開催いたします。

NPO法人 幼い難民を考える会(CYR)のご協力を得て、ピダン(絹絵絣)6点、天然染織品の展示(販売)、絹絣の制作工程を紹介するDVDの上映などを行います。

【日時】:2019年10月19日(土)12時~16時、20日(日)11時~16時
【会場】:日本女子大学西生田キャンパス 日女祭(ひめのさい) 45番教室(4階)
【会場までのアクセス】小田急線読売ランド前駅徒歩15分/向ヶ丘遊園駅から学バス(学内直通)​  
詳しくはこちら:http://www.jwu.ac.jp/unv/access.html​

【展示内容】​
〇 CYR カンボジア 伝統絹絵絣「ピダン」6点の展示(ご購入も可能です。)​
〇 CYR『カンボジア伝統織物ができるまで』DVDの上映​
〇 CYR 天然染料、色見本、織物支援事業についてのパネル紹介​
〇 カンボジアの日常生活で使用される布、ドレスなど​

【バザー、その他】​
〇  CYR バザー(草木染、藍染めによる織物製品;マスコット、巾着、スカーフ、名刺入れなど、500円位~)​
​〇 「カンボジアを知ろう!Quiz」(ミニ景品あり)​

***************************
会場は、都心に近い里山にあります。同日は、学園祭で、石鹸デコパージュ体験​やプラネタリウムなどもあり、子どもから大人まで楽しめるイベントを多数ご用意​しております。
※事前申込み・入場料不要です。
※バザーの収益はCYRに還元し、カンボジアの保育、女性の自立支援事業のためつかわれます。
***************************
【関連情報】
〇JANIC  (国際協力NGOセンター) サイト掲載記事:
https://www.janic.org/information_post/【1019土)20(日)】cyr-カンボジア織物製品の展示バ/

〇 CYR、織物支援事業についてはこちら http://www.cyr.or.jp/
 (本企画のバザーは、CYRの委託契約として行っています。)
〇 本企画の Instagramはこちら   https://www.instagram.com/weaving_101920/

2019年7月12日

7/27 第267回東南アジア考古学会例会

 第267回 東南アジア考古学会例会をご案内いたします。今回は、東南アジア古代史科研研究会との共催で、カンボジア、前アンコール期の土器研究について報告いただきます。ご出席いただけますようお願い申し上げます。

日時:2019年7月27日(土) 15:00-17:00

会場:早稲田大学・戸山キャンパス33号館6階・国際会議室

発表者:横山未来(早稲田大学・文学研究科博士後期課程)
「カンボジア、サンボー・プレイ・クック遺跡群都市区出土土器の研究」

 なお、例会発表に先立ち、同会場にて東南アジア古代史科研研究会が開催されております。プログラムは次の通りですので、こちらも是非ご参加下さい。

古代史科研・第二回研究会のプログラム

日時:2019年7月27日(13:00~17:00)、28日(10:00~13:00)

会場:早稲田大学・戸山キャンパス33号館6階・国際会議室

7月27日(土)
1. 13:00-14:50 研究報告

1.1. 13:00‐13:55
青山亨(東京外国語大学)
「マジャパヒト時代のインドネシア河川流域における『ダルマーシュ
ラヤ』的遺構の位置づけ」

1.2.13:55‐14:50
 佐藤由似(奈良文化財研究所)
「14-16世紀におけるカンボジア王都に関する調査報告(仮)」

休憩:14:50‐15:00

2. 15:00-17:00(東南アジア考古学会との共催)
横山未来(早稲田大学・文学研究科博士後期課程)
「カンボジア、サンボー・プレイ・クック遺跡群都市区出土土器の研究」

 7月28日(日)
3. 10:00-12:00  インドネシア調査訪問地の紹介

3-1.肥塚隆「ボゴール諸刻文の紹介その他」

3.2.青山亨「『デーシャワルナナ』に見えるカリマンタンの地名の紹介」

3-3.岩本小百合「ケダーの諸碑文と西カリマンタンのBatu Pahat碑文の関連について」
3-4.深見純生「チャンディ・アグン(南カリマンタン)の紹介」

問い合わせ
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科
田中和彦研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa[atmark]jssaa.jp

2019年6月19日

7/1-4 セミナー「カンボジア古典舞踊にみる伝統と社会変容」

以下の日程において「カンボジア古典舞踊にみる伝統と社会変容」と題したセミナーを実施いたします。

講師には、プルムソドゥン・アオク(カンボジア古典舞踊家、カンボジア初ゲイ古典舞踊団設立者、TEDスピーカー)お招きし、伝統の継承と革新について議論します。

7月1日(京都大学)、7月3日、4日(立命館大学)にてセミナーを実施いたします。みなさまのお越しをお待ちしております。

[京都大学セミナー]
日時 2019年7月1日 月曜日 11:30-13:00

会場 京都大学 東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館 2階 201号

題目 Forming Cambodia's First Gay Dance Company

https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/07/20190701/
(セミナーは英語で実施します、日本語通訳ありません)。

[立命館大学ワークショップ1]
日時 2019年7月3日 水曜日 16:20-17:50

会場 立命館大学 びわこ草津キャンパス セントラルアーク2階 Beyond Borders Plaza (BBP)

題目 ワークショップ「不屈のナーガ」(実際に身体を使って基本的な所作を体験します)
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/

[立命館大学ワークショップ2]
日時 2019年7月4日 木曜日 14:40-16:10

会場 立命館大学 衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館 カンファレンスルーム

題目 ワークショップ「不屈のナーガ」(実際に身体を使って基本的な所作を体験します)
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/

 [講師紹介]About Prumsodun Ok

Born to Khmer refugees in the United States, Prumsodun Ok rose from the poverty and violence-stricken inner city of Long Beach to become the new face of Khmer dance. He uses art to heal, illuminate, and empower, reviving the spirit of his people from the enduring forces of conflict. Seen by many as a champion of Khmer culture, he works as an artist, teacher, and writer to shape a world where everyone can blossom into their fullest selves.

Ok’s interdisciplinary performances contemplate the “avant-garde in antiquity,” and have been presented at the Department of Performing Arts (Cambodia), Bangkok Theater Festival – Asia Focus (Thailand), Za-Koenji (Japan), Godrej Leadership Forum (India), Teatro Benito Juarez (Mexico), bhive (Greece), and REDCAT (United States). They have been celebrated as “a vision of elegance and grace” (The Phnom Penh Post) and “Radical Beauty” (The Bangkok Post).

Ok is the recipient of grants and fellowships from TED, MAP Fund, Surdna Foundation, and Dance/USA, and has been a guest speaker and choreographer at California Institute of the Arts, UCLA, Santa Monica College, and Rajabhat University among others. He was also associate artistic director of Khmer Arts, a member of the Alliance for California Traditional Arts’ Board of Directors, and an artist in residence at the Baryshnikov Arts Center in New York. He is the founding artistic director of Prumsodun Ok & NATYARASA, Cambodia’s first gay dance company, which Channel NewsAsia (Singapore) describes as “one of the most revolutionary dance troupes in Cambodia . . . a dance troupe like no other.”

Ok was named an LGBT+ Creative Leader of Tomorrow for The Dots's and WeTransfer’s Championing Diversity. He is the keynote speaker of the Dance/USA Annual Conerence in 2019. His celebrated TED Talk has been translated into more than fifteen languages and viewed more than 2.5 million times across various platforms.

問い合わせ 羽谷沙織(立命館大学国際教育推進機構)hagai[atmark]fc.ritsumei.ac.jp

科学研究費若手研究(B)「カンボジア古典舞踊の観光化:観光舞踊が担う「正しい」クメール文化の表象と妥協」(研究課題/領域番号: 17K13127)