2018年2月13日

2/28 CSEAS, Kyoto University and APSARA Authority "the Study of landscape transformation in Angkor region, Cambodia through the William Hunts Collections"

You are cordially invited to a special seminar "the Study of landscape transformation in Angkor region, Cambodia through the William Hunts Collections," which is organized by CSEAS and the APSARA Authority, Cambodia.

Date: 28 February, 2018

Venue: Tonantei, Second Floor, Inamori Memorial Buidling, Kyoto University

PROGRAM:

13:00-13:20  Introduction
Introduction of the Seminar and the William Hunts Aerial Photo Collections (Dr. KOBAYASHI Satoru, CSEAS, Kyoto University)

13:20-14:00  Presentation (1)
The construction of mosaic image of Angkor region based on the William Hunts Collections (Mr. YOU Tengbueng, Technical Staff, Department of Land and Habitat Management, APSARA)

14:00-15:00  Presentation (2)
The result of preliminary survey of landscape transformation in Angkor region based on the William Hunts Collections (Mr. IM Sokrithy, Deputy Director, Angkor International Center for Research and Documentation, APSARA)

15:00-15:40  Presentation (3)
Implications of landscape analysis for the water management planning of Angkor region (Mr. REN Bunthorng, Technical Staff, Department of Water Management)

15:40-16:00 Break

16:00-17:00  Discussion
Discussant:
Dr. TABATA Yukitsugu, Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University
Dr. MARUI Masako, Faculty of Global Studies, Sophia University

This seminar is organized by Organized by The Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University, Japan
And
The APSARA Authority, Cambodia 

2/21 外務省NGO研究会「SDGゴール16から市民社会スペースの課題を考える~カンボジアを事例として~」

SDGゴール16から市民社会スペースの課題を考える~カンボジアを事例として~

今年度の外務省主催「NGO研究会」(受託団体:国際協力NGOセンター)では、日本の国際協力NGOが、外務省・JICAとの定期協議やSDGs推進円卓会議などの政府との対話プロセス構築を優良事例として参考にしつつ、アジア・アフリカ諸国のNGOによる自国政府との対話プロセス構築とその前提となる活動しやすい環境づくりを支援する方法について研究を行ってきました。

本セミナーでは研究会の成果を報告しつつ、カンボジアを事例として「NGOが活動しやすい環境」とは何か、そうした環境づくりに向けた国際協力NGOや政府の役割を考えます。

【日時】2018年2月21日(水)14:00-17:30

【場所】早稲田奉仕園 You-Iホール(東京都新宿区西早稲田2-3-1)

【アクセス】https://www.hoshien.or.jp/map/

【対象】途上国で事業を行なう国際協力NGO関係者、NGOを支援する公的・民間ドナー関係者、ご関心のある市民の皆様

【言語】日本語(英語との逐次通訳あり)

【プログラム】

第1部:講演・報告

・ソアン・サルーン氏(カンボジア協力協議会 Cooperation Committee for
Cambodia 事務局長)
 「カンボジアにおける市民社会スペース(仮)」

・高柳彰夫氏(フェリス女学院大学国際交流学部教授、国際協力NGOセンター政策ア
ドバイザー)
 政策環境に関する国際議論

・重田康博氏(宇都宮大学国際学部教授、国際協力NGOセンター政策アドバイザー)
 カンボジア調査報告、アクションプラン案の発表

第2部:パネルディスカッション「NGOの政策環境を改善するために」

 登壇者
 ・ソアン・サルーン氏
 ・外務省総合外交政策局人権・人道課課長(調整中)
 ・カンボジア市民社会フォーラム(調整中)
 ・高柳彰夫氏
 ・重田康博氏

【申し込み】下記URLからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/OdmE3Ah1UGoZPjmA2

【申し込み締切】2月16日(金)12:00

【主催】外務省NGO研究会

【実施】特定非営利活動法人国際協力NGOセンター

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)
Tel:03-5292-2911
E-mail:advocacy[atmark]janic.org
担当:堀内・水澤

2/15 早稲田大学イスラム科学研究所アジア・イスラーム研究会

早稲田大学イスラム科学研究所アジア・イスラーム研究会
◆発表:大川玲子(明治学院大学国際学部教授)
「カンボジアのイスラーム チャム人の重層アイデンティティ」
◆日時:2018年2月15日(木)16:00~18:00
◆場所:早稲田大学19号館317研究室
◆参加:自由
………………………………………………………
大川玲子氏 プロフィール
・専門分野:イスラーム学
・研究課題:クルアーン(コーラン)研究
・略歴  :東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻(文学博士)
日本学術振興会特別研究員(PD)、明治学院大学国際学部専任講師、准教授を経て現職。
著作に、『聖典「クルアーン」の思想 イスラームの世界観』講談社現代新書、2004年;『図説コーランの世界 写本の歴史と美のすべて』河出書房新社、2005年;『イスラームにおける運命と啓示 クルアーン解釈書に見られる「天の書」概念をめぐって』晃洋書房、2009年;『イスラーム化する世界 グローバリゼーション時代の宗教』平凡社新書、2013年、『チャムパ王国とイスラーム カンボジアにおける離散民のアイデンティティ』平凡社、2017年等がある。

2017年10月9日

10/21 カンボジア市民フォーラム国際シンポジウム「カンボジアのいま -1993年UNTAC総選挙から25年、カンボジア和平を検証する-」

カンボジアのいま -1993年UNTAC総選挙から25年、カンボジア和平を検証する-

■日時: 2017年10月21日(土)11:00-17:00 (10:45開場、受付開始)

■会場: 上智大学四ッ谷キャンパス6号館4階401

■使用言語: 日本語、英語(英語から日本語のみ同時通訳あり)

■資料代: 一般1,000円、学生700円(カンボジア市民フォーラム会員は無料)

■参加方法: 事前申込み制。カンボジア市民フォーラムのホームページ
www.pefocj.org)の参加フォームからお申込みください。
(なお、昼休み時間が短いので昼食ご持参でお願いします。)

 1993年、カンボジアは内戦後の国連による暫定統治と選挙を経て、国としての再スタートを切りました。その再出発から、四半世紀が経とうとしています。25年でカンボジア社会はどのような変化を遂げたのでしょうか。また、来年の総選挙を控え、カンボジアはどのような方向に向かおうとしているのでしょうか。
 本プログラムでは、第一部において、内戦後の復興・開発プロセスを分野別に振り返り、現状と課題を検証します。第二部では、現地からお呼びした2人のゲストの視点を踏まえ、近年のカンボジア政治・社会状況を共有し、2018年の総選挙の見通しや、真に自由かつ公正な選挙が実施できるための条件とその実現可能性を議論します。 
 総選挙は社会のあらゆるセクターに影響を与えるテーマですので、NGOを含む国際協力や調査・研究、ビジネスなど、カンボジアにご関心のある皆さまの幅広いご参加をお待ちしております。

<プログラム内容>

第一部 分野別報告「カンボジアの人々の暮らし -これまでの変化と現状・課題-」

司会 宇井志緒利(カンボジア市民フォーラム共同代表世話人/立教大学教員)

11:00-11:20 農業・農村開発分野
山崎勝 (カンボジア市民フォーラム世話人/筑波大学大学院博士前期課程/認定NPO法人日本国際ボランティアセンター[JVC] 元カンボジア事業統括)

11:20-11:40 保健分野
虎頭恭子氏(認定NPO法人シェア=国際保健協力市民の会海外事業担当)

11:40-12:00 教育分野
玉利清隆(カンボジア市民フォーラム世話人/公益社団法人シャンティ国際ボランティア会[SVA]カンボジア事務所所長)

12:00-12:30 ディスカッションおよび質疑応答

第二部 国際シンポジウム

13:00-13:15 開会の辞 丸井雅子所員(上智大学アジア文化研究所)

13:15-13:35 イントロダクション映像と趣旨説明
熊岡路矢(カンボジア市民フォーラム共同代表世話人/日本映画大学教員/認定NPO法人JVC前代表理事)

13:35-14:15 基調講演「カンボジアの人権と開発」
講演者:トゥン・サライ代表(カンボジア人権開発協会[ADHOC])

14:15-14:30 メッセージ(調整中)
明石康 元UNTAC事務総長特別代表
今川幸雄 元駐カンボジア特命全権大使

14:30-16:00 パネル・ディスカッション「2018年総選挙に向けて」

■登壇者
コール・パンニャー事務局長(カンボジアにおける自由かつ公正な選挙の
ための委員会[COMFREL])

斉田幸雄課長(外務省アジア大洋州局南部アジア部南東アジア第一課)

米倉雪子氏(昭和女子大学教員)

坂野一生(カンボジア市民フォーラム世話人/国連薬物犯罪事務所コンサルタント/国際協力機構[JICA]カンボジア法制度整備支援プロジェクト元専門家/元国連ボランティアUNTAC選挙部門)

佐藤安信(カンボジア市民フォーラム世話人/東京大学大学院教員/元UNTAC人権担当官/弁護士)

<16:00-16:15 休憩>

16:15-16:40 質疑応答

16:40-16:50 まとめと提言

16:50-17:00 閉会の辞  
枝木美香事務局長(認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク)

■主催: 上智大学アジア文化研究所/カンボジア市民フォーラム/
認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク/東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構持続的平和研究センター

■助成: 公益財団法人庭野平和財団

■協力: 日本映画大学

■会場へのアクセス:JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅
麹町口・赤坂口から徒歩5分。
(当日は土曜日のため北門は閉門しております。正門からお越しください)

■お問い合わせ:カンボジア市民フォーラム事務局
電話03-3834-2407(水曜日のみ対応可能)
FAX 03-3835-0519

2017年7月4日

7/16 カンボジア市民フォーラム「カンボジア政治・人権状況―法整備支援―2018年総選挙に向けて」

カンボジア市民フォーラム/上智大学アジア文化研究所共催
“カンボジアのいま” 「1993年UNTAC総選挙から25年―カンボジア和平を検証する」

2017年度カンボジア連続セミナー第1回
「カンボジア政治・人権状況―法整備支援―2018年総選挙に向けて」

1991年10月23日、21年におよぶ紛争の後、カンボジアの人々、政党4派、国連および超大国、大国によって合意された「カンボジア包括和平協定」がパリで締結されてから26年(昨年2016年が25周年)が経過する。

また1993年5月のUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)管理下での総選挙から来年2018年で25年が経過する。

当フォーラムの創設も1993年であった。カンボジア市民フォーラムでは、今年2017年から18年にかけて、カンボジア紛争から約40年、和平―総選挙から25年の現在、悪化するカンボジア政治・人権状況を検証し、また関連して、カンボジアに関わる日本のODA政策、特に法制化支援を検証する機会を創りたいと考える。

日時: 2017年7月16日(日)13:30-17:00(開場13:15)

会場: 上智大学四谷キャンパス12号館2階201教室

■基調講演
「カンボジアのいま~パリ和平協定とUNTAC総選挙から25年~」 
熊岡路矢(カンボジア市民フォーラム共同代表世話人。日本国際ボランティアセンター【JVC】前代表)

■現地から
①「カンボジアの政治状況と2017地方選挙、社会と仏教」
手束耕治(カンボジア宗教省仏教研究所顧問。シャンティ国際ボランティア会専門アドバイザー)

②「現在のカンボジア政治状況をどう見るか」(仮)外務省南東アジア第一課から(予定)

③「日本政府による法整備支援」佐藤安信(東京大学大学院教員)

④「カンボジア総選挙2018に向けて」米倉雪子(昭和女子大学教員)

【参加費】一般 700円 学生 500円 カンボジア市民フォーラム会員無料

【参加方法】お申込みはこちら。事前申込制。

FAXでのお申込みは(1)お名前、(2)ふりがな、(3)ご所属、(4)会員/非会員を明記のうえ03-3835-0519にご送信ください。

【会場アクセス】JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分

【お問い合わせ】 カンボジア市民フォーラム事務局 担当: 近藤
E-mail:pefocj[atmark]hotmail.co.jp TEL 03-3834-2407  FAX 03-3835-0519

2017年6月22日

6/24-25 【改訂版】第11回日本カンボジア研究会プログラム

日本カンボジア研究会では、本年度の研究集会を以下の要領でおこないます。カンボジアに関わる話題を広く取り上げて議論するまたとない機会です。昨年は京都で実施しましたが、今年は(一昨年と同じく)東京で行います。

ご多忙とは存じますが、皆さまぜひご参加ください。初日と2日目の午前は基本的に日本語、2日目の午後は英語を使用いたします。

事前の参加登録は必要ありません。また、転送・拡散を大歓迎いたします。

<日時と場所>
6月24日(土)
早稲田大学戸山キャンパス 33号館2階 231教室

6月25日(日)
早稲田大学戸山キャンパス 39号館5階 第5会議室
(日曜日は門が閉まっているため、守衛の方に「カンボジア研究会参加」と声をかけてから入構してください。)

<プログラム>
6月24日(土)

12:00 開場

13:00-13:15 趣旨説明 小林知(京都大学)

13:15-13:55 発表(1)
井上航(国立民族学博物館外来研究員)
「親密さと遊びと竹―カンボジア北東部山地民村落の竹筒打奏・竹筒飯から」
発表要旨は、こちら

13:55-14:35 発表(2)
北川香子(学習院大学・青山学院大学・明治大学非常勤講師)
「マリカ王女の戦い方―ユカントール事件の後に」
発表要旨は、こちら

14:35-15:15 発表(3)
石橋弘之(早稲田大学人間総合研究センター)
「カンボジアの森をめぐる移動と交流―カルダモン山脈と中央平野部の地域間関係史」
発表要旨は、こちら

15:15-15:30 休憩

15:30-16:10 発表(4)
笹川秀夫(立命館アジア太平洋大学)
「近代仏教の時代のすれちがい:戦前、戦中の日本で刊行された仏教雑誌、仏教関連書籍にみるカンボジア関連記事」
発表要旨は、こちら

16:10-16:50 発表(5)
大坪加奈子(九州大学大学院人間環境学研究院)
「僧令にみるカンボジアのサンガの変遷」
発表要旨は、こちら

16:50-17:30 発表(6)
川口正樹(外務省南東アジア第一課)
「1979年~1989年のカンボジア情勢(フン・セン首相の著作に基づいて)」
発表要旨は、こちら

17:30-17:40 休憩

17:40-18:30 ディスカッション 「2017年コミューン選挙について」

原田至郎(東京大学大学院情報学環准教授)
「カンボジアにおける2017年クム・サンカット評議会選挙の分析」
発表要旨は、こちら

東佳史(立命館大学政策科学部)
「Hybrid Democracyの周縁で」
発表要旨は、こちら

6月25日(日)

10:00 開場

10:30-11:10 発表(7)
上村未来(上智大学アジア文化研究所)
「カンボジアNGO法制定プロセスにおけるNGOの政治的機能―2008~2015年の動きを中心に」
発表要旨は、こちら

11:10-11:50 発表(8)
木口由香(メコン・ウォッチ)
「メコン河流域でのダム開発の現状とカンボジアへの影響」
発表要旨は、こちら

11:50-13:20  昼食

13:20-14:00 発表(9)
Mr. Chou Phanith, Graduate School of International Development, Nagoya University
“Uncovering the Hidden Economic Value of Non-timber Forest Products from Poverty Alleviation Perspective: Evidence from Phnom Prich Wildlife Sanctuary, Mondulkiri, Cambodia”
発表要旨は、こちら

14:00-14:40 発表(10)
Dr. Thath Rido, Faculty of Economics, Meiji Gakuin University
“An Overview of Microfinance in Cambodia”
発表要旨は、こちら

14:40-15:20 発表(11)
Dr. Samreth Sovannroeun, Graduate School of Humanity and Social Science, Saitama University
“Findings from a Preliminary Survey of Poor Households in Rural Cambodia: A Case of a Commune in Prey Veng Province”
発表要旨は、こちら

6/24-25 [Revised] Program of the 11th Annual Conference of the Japanese Society for Cambodian Studies

This is to inform you the 11th annual conference of the JACS, which will be held at Waseda University on June 24-25, 2017. The meeting is opened to all researchers, students and the public who are interested in Cambodia.

We would use mainly Japanese during the sessions on the first day and the morning of second day, but English at the afternoon sessions of the second day.

Pre-registration is not required. We will be waiting for your participation!

Date June 24-25, 2017

Venue
June 24, 2017 (Saturday), at Room No. 231, 2nd floor of Building No. 33, Toyama Campus, Waseda University
June 25, 2017 (Sunday), at Room No. 5, 5th floor of Building No. 39, Toyama Campus, Waseda University
(The gate of the Campus is closed on Sunday. Please inform gatekeepers there your participation to the conference of the JACS.)

Program

June 24, 2017 (Saturday)

12:00 Open

13:00-13:15 Opening Remarks by Dr. KOBAYASHI Satoru, Kyoto Unviersity

13:15-13:55 Presentation (1)
Dr. INOUE Ko, visiting researcher, National Museum of Ethnology
“Intimacy, play and bamboos: bamboo percussion and bamboo-tube rice cooking in the indigenous people of northeastern Cambodia”
->Click here for Abstract (in Japanese)

13:55-14:35 Presentation (2)
Dr. KITAGAWA Takako, lecturer of Gakushuin University, Aoyamagakuin University and Meiji University
“Struggle of Princess Malika after l'Affaire Yukanthor”
->Click here for Abstract (in Japanese)

14:35-15:15 Presentation (3)
Dr. ISHIBASHI Hiroyuki, Advanced Research Center for Human Sciences, Waseda University
“On the move and interaction over forest: Historical relationships between the Cardamom Mountains and the Central Plains in Cambodia”
->Click here for Abstract (in Japanese)

15:15-15:30 Break

15:30-16:10 Presentation (4)
Dr. SASAGAWA Hideo, College of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University
“Miscommunication in the Era of Modern Buddhism: How was Cambodia Narrated in Japanese Buddhist Magazines and Books Published before and during WWII?”
->Click here for Abstract (in Japanese)

16:10-16:50 Presentation (5)
Ms. OTSUBO Kanako, Graduate School of Human-environment Studies, Kyushu University
“Cambodian Sangha and its Vicissitudes through an Analysis of Sang Prokas”
->Click here for Abstract (in Japanese)

16:50-17:30 Presentation (6)
Mr. KAWAGUCHI Masaki, Asian and Oceanian Affairs Bureau, Ministry of Foreign Affairs of Japan
“The Situation of Cambodia from 1979 to 1989 (Based on the Book of Prime Minister Samdech Hun Sen)”
->Click here for Abstract (in Japanese)

17:30-17:40 Break

17:40-18:30 Roundtable Discussion on “The Firsthand Analysis of 2017 Commune Election”

Mr. HARADA Shiro, Associate Professor, Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo
“Analysis of Khum/Sangkat Council Election 2017 in Cambodia”
->Click here for Abstract (in Japanese)

Dr. AZUMA Yoshifumi, Professor, School of Policy Science, Ritsumeikan University
“On the Fringe of Hybrid Democracy”
->Click here for Abstract (in Japanese)

June 25, 2017 (Sunday)

10:00 Open

10:30-11:10 Presentation (7)
Ms. KAMIMURA Miku, Institute of Asian, African, and Middle Eastern Studies, Sophia University
“The Political Function of NGOs in the Process of Making NGO Law in Cambodia: Focused on the Period between 2008 to 2015”
->Click here for Abstract (in Japanese)

11:10-11:50 Presentation (8)
Ms. KIGUCHI Yuka, Mekong Watch
“Current Dam Development in the Mekong Region and its Impact on Cambodia”
->Click here for Abstract (in Japanese)

11:50-13:20 Lunch

13:20-14:00 Presentation (9)
Mr. Chou Phanith, Graduate School of International Development, Nagoya University
“Uncovering the Hidden Economic Value of Non-timber Forest Products from Poverty Alleviation Perspective: Evidence from Phnom Prich Wildlife Sanctuary, Cambodia”
->Click here for Abstract (in English)

14:00-14:40 Presentation (10)
Dr. Thath Rido, Faculty of Economics, Meiji Gakuin University
“An Overview of Microfinance in Cambodia”
->Click here for Abstract (in English)

14:40-15:20 Presentation (11)
Dr. Samreth Sovannroeun, Graduate School of Humanity and Social Science, Saitama University
“Findings from a Preliminary Survey of Poor Households in Rural Cambodia: A Case of a Commune in Prey Veng Province”
->Click here for Abstract (in English)