2019年7月12日

7/27 第267回東南アジア考古学会例会

 第267回 東南アジア考古学会例会をご案内いたします。今回は、東南アジア古代史科研研究会との共催で、カンボジア、前アンコール期の土器研究について報告いただきます。ご出席いただけますようお願い申し上げます。

日時:2019年7月27日(土) 15:00-17:00

会場:早稲田大学・戸山キャンパス33号館6階・国際会議室

発表者:横山未来(早稲田大学・文学研究科博士後期課程)
「カンボジア、サンボー・プレイ・クック遺跡群都市区出土土器の研究」

 なお、例会発表に先立ち、同会場にて東南アジア古代史科研研究会が開催されております。プログラムは次の通りですので、こちらも是非ご参加下さい。

古代史科研・第二回研究会のプログラム

日時:2019年7月27日(13:00~17:00)、28日(10:00~13:00)

会場:早稲田大学・戸山キャンパス33号館6階・国際会議室

7月27日(土)
1. 13:00-14:50 研究報告

1.1. 13:00‐13:55
青山亨(東京外国語大学)
「マジャパヒト時代のインドネシア河川流域における『ダルマーシュ
ラヤ』的遺構の位置づけ」

1.2.13:55‐14:50
 佐藤由似(奈良文化財研究所)
「14-16世紀におけるカンボジア王都に関する調査報告(仮)」

休憩:14:50‐15:00

2. 15:00-17:00(東南アジア考古学会との共催)
横山未来(早稲田大学・文学研究科博士後期課程)
「カンボジア、サンボー・プレイ・クック遺跡群都市区出土土器の研究」

 7月28日(日)
3. 10:00-12:00  インドネシア調査訪問地の紹介

3-1.肥塚隆「ボゴール諸刻文の紹介その他」

3.2.青山亨「『デーシャワルナナ』に見えるカリマンタンの地名の紹介」

3-3.岩本小百合「ケダーの諸碑文と西カリマンタンのBatu Pahat碑文の関連について」
3-4.深見純生「チャンディ・アグン(南カリマンタン)の紹介」

問い合わせ
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科
田中和彦研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa[atmark]jssaa.jp

2019年6月19日

7/1-4 セミナー「カンボジア古典舞踊にみる伝統と社会変容」

以下の日程において「カンボジア古典舞踊にみる伝統と社会変容」と題したセミナーを実施いたします。

講師には、プルムソドゥン・アオク(カンボジア古典舞踊家、カンボジア初ゲイ古典舞踊団設立者、TEDスピーカー)お招きし、伝統の継承と革新について議論します。

7月1日(京都大学)、7月3日、4日(立命館大学)にてセミナーを実施いたします。みなさまのお越しをお待ちしております。

[京都大学セミナー]
日時 2019年7月1日 月曜日 11:30-13:00

会場 京都大学 東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館 2階 201号

題目 Forming Cambodia's First Gay Dance Company

https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/07/20190701/
(セミナーは英語で実施します、日本語通訳ありません)。

[立命館大学ワークショップ1]
日時 2019年7月3日 水曜日 16:20-17:50

会場 立命館大学 びわこ草津キャンパス セントラルアーク2階 Beyond Borders Plaza (BBP)

題目 ワークショップ「不屈のナーガ」(実際に身体を使って基本的な所作を体験します)
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/

[立命館大学ワークショップ2]
日時 2019年7月4日 木曜日 14:40-16:10

会場 立命館大学 衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館 カンファレンスルーム

題目 ワークショップ「不屈のナーガ」(実際に身体を使って基本的な所作を体験します)
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/

 [講師紹介]About Prumsodun Ok

Born to Khmer refugees in the United States, Prumsodun Ok rose from the poverty and violence-stricken inner city of Long Beach to become the new face of Khmer dance. He uses art to heal, illuminate, and empower, reviving the spirit of his people from the enduring forces of conflict. Seen by many as a champion of Khmer culture, he works as an artist, teacher, and writer to shape a world where everyone can blossom into their fullest selves.

Ok’s interdisciplinary performances contemplate the “avant-garde in antiquity,” and have been presented at the Department of Performing Arts (Cambodia), Bangkok Theater Festival – Asia Focus (Thailand), Za-Koenji (Japan), Godrej Leadership Forum (India), Teatro Benito Juarez (Mexico), bhive (Greece), and REDCAT (United States). They have been celebrated as “a vision of elegance and grace” (The Phnom Penh Post) and “Radical Beauty” (The Bangkok Post).

Ok is the recipient of grants and fellowships from TED, MAP Fund, Surdna Foundation, and Dance/USA, and has been a guest speaker and choreographer at California Institute of the Arts, UCLA, Santa Monica College, and Rajabhat University among others. He was also associate artistic director of Khmer Arts, a member of the Alliance for California Traditional Arts’ Board of Directors, and an artist in residence at the Baryshnikov Arts Center in New York. He is the founding artistic director of Prumsodun Ok & NATYARASA, Cambodia’s first gay dance company, which Channel NewsAsia (Singapore) describes as “one of the most revolutionary dance troupes in Cambodia . . . a dance troupe like no other.”

Ok was named an LGBT+ Creative Leader of Tomorrow for The Dots's and WeTransfer’s Championing Diversity. He is the keynote speaker of the Dance/USA Annual Conerence in 2019. His celebrated TED Talk has been translated into more than fifteen languages and viewed more than 2.5 million times across various platforms.

問い合わせ 羽谷沙織(立命館大学国際教育推進機構)hagai[atmark]fc.ritsumei.ac.jp

科学研究費若手研究(B)「カンボジア古典舞踊の観光化:観光舞踊が担う「正しい」クメール文化の表象と妥協」(研究課題/領域番号: 17K13127)

2019年6月10日

6/29-30 【再掲】第13回日本カンボジア研究会プログラム

期日: 2019年6月29日(土)および30日(日)

会場: 
6月29日(土)早稲田大学戸山キャンパス 33号館16階 第10会議室
6月30日(日)早稲田大学戸山キャンパス 39号館1階 考古学研究室

JR山手線 高田馬場駅から徒歩20分
西武新宿線 高田馬場駅から徒歩20分
地下鉄東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩3分
地下鉄東京メトロ副都心線 西早稲田駅から徒歩12分

アクセスマップ
https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus

詳細な会場案内図は ☞こちら

<プログラム>
2019年6月29日(土)

12:30 開場

13:00~13:15 趣旨説明

13:15~13:55 発表(1)
 松井生子
(昭和薬科大学・非常勤講師/東京外国語大学AA研・ジュニア・フェロー)
 「その後の「上座仏教との関わり方」-カンボジア南東部の村におけるベトナム人の宗教的実践のこの10年間の変化」
発表要旨は、こちら

13:55~14:35 発表(2)
 東 佳史(立命館大学・教授)
 「プノンペンの配車アプリドライバー達-2018-9の事前調査から」
発表要旨は、こちら

14:35~15:15 発表(3)
 矢倉研二郎(阪南大学経済学部・教授)
 「カンボジア稲作におけるコンバインの急速な普及-その要因と請負業者にとっての帰結」
発表要旨は、こちら

15:15~15:30 休憩

15:30~16:10 発表(4)
 Hay Chanthol
 (University of Battambang & Graduate School of Public Policy, University of Tokyo)
 “Return to education and labor market in Cambodia: evidence form labor force survey 2012”

発表要旨は、こちら

16:10~16:50 発表(5)
 高田知仁(サイアム大学・タイ日文化研究センター長)
 「ラオスで見つかったクメール様式の仏像-ルアンプラバーンを中心として」
発表要旨は、こちら

16:50~17:30 発表(6)
 井上 航(国立民族学博物館・外来研究員)
 「生態学的にみたブラウクルン語の表出的な言葉」
発表要旨は、こちら

17:30~17:45 総合討論

18:00~    懇親会

2019年6月30日(日)
9:30 開場
10:00~10:40 発表(7)
 Sa Kimleng
 (Graduate School of Public Policy (International Program), University of Tokyo)
 “Climate Vulnerability in Cambodia: A case study in Koh Kong Province”
発表要旨は、こちら

10:40~11:20 発表(8)
 小坂井真季
(東京大学大学院 新領域創成科学研究科国際協力学専攻博士課程単位取得満期退学)
 「レジデンシャル・ケアをめぐるカンボジア政府の政策に関する考察-国連子どもの権利委員会文書から」
発表要旨は、こちら

11:20~12:20 休憩

12:20~13:20 発表(9) ポスターセッション
 宮城県仙台二華高等学校
発表要旨は、こちら

 9-1 佐藤涼香
  「トンレサップ湖における水上集落への雨樋設置と住民の意識の変化」

 9-2 齊藤未宇
  「トンレサップ湖水上集落の雨水集積システムの改善」

 9-3 馬場彩花
  「バイオトイレの普及においた有機堆肥の抵抗感と情報格差の関係性について」

 9-4 丸山千智
  「カンボジアの貧困家庭への新規設置に適したトイレの形式は何か」

 9-5 齋藤萌恵
  「カンボジアにおける身繕い習慣の有無と日本との差異について」

13:20~14:00 発表(10)
 Pichsovann CHHIM
 (Asia Public Policy Program (APPP), Hitotsubashi University)
 “Taxes, Expenditures and Economic Growth in Lower Income Countries: Panel Data Analysis”
発表要旨は、こちら

以上

6/29 発表要旨(1)

松井生子 Matsui Naruko
(昭和薬科大学・非常勤講師/東京外国語大学AA研・ジュニアフェロー)
「その後の「上座仏教との関わり方」-カンボジア南東部の村におけるベトナム人の宗教的実践のこの10年間の変化」

Matsui Naruko
"Vietnamese Participation in Theravada Buddhist Rituals: Changes in a Cambodian Village for the Past Decade"

 報告者はプレイ・ヴェン州ピアム・チョウ郡の村での2005年から2010年までのフィールドワークをもとに、2011年の日本カンボジア研究会にて「上座仏教との関わり方」というタイトルで、調査村のベトナム人定住者の宗教的実践と民族間関係についての報告をおこなった。道教や儒教の要素が入った大乗仏教を信仰し、祖先祭祀を中心とした宗教的実践をおこなうベトナム人の村人の多くは、当時、彼らがクメール人の宗教と見做す上座仏教に対し距離を置いていた。しかしその後、調査村ではさまざまな変化が生じている。ベトナム人の主たる宗教的実践が祖先祭祀であることに変わりはないが、上座仏教寺院の儀礼に参加するベトナム人が徐々に増加し、上座仏教は彼らにとってより身近なものとなりつつある。本報告では、現在のベトナム人の「上座仏教との関わり方」を取り上げ、過去10年の変化の様相とその背景について考察したい。

6/29 発表要旨(2)

東 佳史(立命館大学・教授)
「プノンペンの配車アプリドライバー達-2018-9の事前調査から」

AZUMA Yoshifumi
"Preliminary Findings on the Dispatch Application Drivers in Phnom Penh 2018-9"

 本発表は急激に変化する東南アジア都市交通の主役である配車アプリの運転手を調査対象として、その担い手たちの社会経済背景の一端を明らかにすることを目的とする。急激に拡大する首都 プノンペンの公共交通網は貧弱でかつてはモドドップが庶民の足であったが現在は屋根がある交通手段となってきている。
 本発表では、日本人が経営するItusmoという配車アプリの協力を得て4万以上の契約者リストから300名のリストをランダムサンプリング方法を用いて抽出して、10問の基本的な質問を電話調査で行った結果183名のサンプルを得た。調査者としてプノンペン大学の4回生を雇用したためか、拒否率は非常に高く2割以上に達した。
 予備調査の結果として興味深いのは運転手達の高学歴である。約半数が高校中退か卒業でありスマホを使いこなす能力があるようである。平均年齢は35才であり、家族を持っている者が97%であった。
 今回の予備調査では基礎的な人口学的、社会経済的データを得たが、他国との配車アプリ運転手調査との内容比較とも視野に入れつつ、今後の課題としたい。

6/29 発表要旨(3)

矢倉研二郎(阪南大学経済学部・教授)
「カンボジア稲作におけるコンバインの急速な普及-その要因と請負業者にとっての帰結」

YAGURA Kenjiro
"Rapid Diffusion of Combine Harvesters in Cambodian Rice Farming: Its Factors and Consequence to Harvesting Service Providers"

 近年,農村での人手不足や賃金上昇を背景に,カンボジアでは稲作の機械化が急速に 進行し,とくに請負業者によるコンバインを用いた収穫・脱穀の普及は目覚ましい.本研究は,タケオ州を事例に,コンバインという高額な農業機械への投資を可能とした要因,ならびにその急速な普及が請負業者の経営に及ぼした影響を探った.2018年2・3月にタケオ州で収穫請負業者(計30)を対象に実施した調査から得られたデータを分析した結果,①収穫請負業の非常に高い収益性,②地価上昇を背景とした金融機関からの長期・高額・低金利の融資による資金調達,③ベトナムでの中古品需要の存在が,請負業者のコンバイン購入を可能にしたことが明らかになった.他方で,こうして新規参入が促された結果,業者間の競争が激化し請負料金の低下が進行している.コンバイン購入の資本コストも控除すれば赤字となり,購入資金を借入に依存した請負業者の債務問題が今後続出することが懸念される.

6/29 発表要旨(4)

Hay Chanthol
(University of Battambang & Graduate School of Public Policy, University of Tokyo)

"Return to Education and Labor Market in Cambodia: Evidence form Labor Force Survey 2012"

 This paper mainly estimates the returns to education employing the standard Mincerian function using the latest Cambodian labor force survey 2012, where the dependent variable is the natural logarithm of earnings and independent variables include years of schooling or educational attainment and potential experience. The paper also examines the effect of foreign language skills on earnings. This paper is divided into 3 sections. The first section examines Cambodia’s labor markets. The second section explores the econometric model, in particular, Mincerian function to estimate returns to education using the latest labor force survey conducted in 2012. We find that for employed persons with an educational level lower than or equal to grade 12 it is about 3.3 percent; but it is higher for males. The annualized rate of return to education for undergraduate level was approximately 17 percent. Regarding language skill, we find that people who hold a bachelor degree and can speak English can earn more than those who can speak only Khmer language. There is also a significant wage gap between bachelor holders and high school certificate holders at a ratio of 1.9. The third section will explore current education policies in Cambodia.