2018年10月11日

10/25-27 けいはんな情報通信フェア2018

国立研究開発法人情報通信研究機構、多言語音声翻訳アプリ<ボイストラ>クメール語版関連イベント

イベント名:けいはんな情報通信フェア2018
http://khn-fair.nict.go.jp/tenji.html

会期:2018年10月25, 26, 27日(木〜土)

会場:けいはんなプラザ(京都府精華町)
http://khn-fair.nict.go.jp/access.html

多言語音声翻訳アプリ<ボイストラ>
http://voicetra.nict.go.jp/

2018年10月7日

12/15-16 東南アジア考古学会2018年度大会

東南アジア考古学会2018年度大会
テーマI:琉球王国と東南アジア
テーマII:先史時代の琉球列島と東南アジア

開催概要
日時 2018年12月15日(土)、16日(日)
会場 沖縄国際大学 3号館202教室
主催 東南アジア考古学会
後援 沖縄考古学会

【会場へのアクセス】
沖縄国際大学への行き方は、同大ウェブサイトからご確認ください。
なお那覇市内から会場への移動はタクシーも便利です。3人程度で乗車していただくと1人あたり1,000円前後の見込みです。

【大会参加費】
資料代として1,000円をいただきます。
東南アジア考古学会会員、沖縄考古学会会員は無料です。

【懇親会について】
参加費4,000円
当日の参加申込も歓迎です。参加費は当日大会会場でお支払いください。
会場「ぱいかじ(沖国大前店)」 
事前申込先:メール本文にお名前をご記入ください(学会会員はその旨もお知らせください)。
jssaa2018konshin[atmark]gmail.com

【お問い合わせ】
東南アジア考古学会事務局
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科 田中和彦研究室内
E-mail: jssaa[atmark]jssaa.jp


プログラム

【第1日目:2018年12月15日(土)】

12:00~12:30 開場・受付

12:30~12:55 会員総会(会員総会は東南アジア考古学会会員が対象です)

13:00~13:05 開会挨拶 田中和彦(鶴見大学、東南アジア考古学会会長)

13:05~13:45 記念講演 安里嗣淳氏(元沖縄県立埋蔵文化財センター所長)「沖縄の亀甲墓」

13:45~14:25 基調講演 江上幹幸氏(元沖縄国際大学教授、元東南アジア考古学会会長)「インドネシア・ラマレラ村の捕鯨文化とは-捕鯨に基づいた山の民との交換経済を中心に-」

14:25~14:35 休 憩

テーマI:琉球王国と東南アジア

14:35~15:05 森達也氏(沖縄県立芸術大学)「沖縄と台湾出土の貿易陶磁器」

15:05~15:35 菊池百里子氏(人間文化研究機構)「沖縄出土のベトナム陶磁器が語る15世紀」

15:35~15:45 休 憩

15:45~16:15 杉山洋氏(奈良文化財研究所)・田畑幸嗣氏(早稲田大学)・佐藤由似氏(奈良文化財研究所)「南西諸島出土のクメール陶器と近年のクメール陶器窯の調査成果」

16:15~16:35 質疑応答

17:30~ 懇親会「ぱいかじ(沖国大前店)」(参加費4,000円)

【第2日目:2018年12月16日(日)】

09:40~10:00 受付

テーマII:先史時代の琉球列島と東南アジア

10:00~10:30 山崎真治氏(沖縄県立博物館・美術館)「沖縄における旧石器時代研究の現状と課題」

10:30~11:00 小野林太郎氏(東海大学)「東南アジア島嶼部における旧石器人の島への移住と海洋適応」

11:00~11:10 休 憩

11:10~11:40 久貝弥嗣氏(宮古島市教育委員会)「宮古・八重山諸島における貝塚時代の利器と装身具」

11:40~12:10 深山絵実梨氏(東京藝術大学)「新石器時代東南アジアの装身具と利器」

12:10~12:30 質疑応答

12:30~13:30 昼 食

13:30~14:00 松村博文氏(札幌医科大学)・山形眞理子氏(岡山理科大学)「東南アジア・中国の先史採集狩猟民に共通するユニークな埋葬」

14:00~14:30 新里貴之氏(鹿児島大学)「琉球列島先史時代の重層石棺墓について」

14:30~14:40 休 憩

15:10~15:40 高宮広土氏(鹿児島大学)「奄美・沖縄における先史時代人の食性」

15:40~16:20 Ame M. Garong氏 (Archaeology Division, National Museum of the Philippines) “Ancient Filipino Diet-Reconstructing diet from human remains excavated in the Philippines.” (日本語通訳付き)

16:20~16:40 質疑応答

16:40~16:45 閉会挨拶

2018年9月30日

10/13 カンボジア市民フォーラム、カンボジア・セミナー「カンボジアのいま -2018年7月「総選挙」後、どうなる、どうする」

“カンボジアのいま -2018年7月「総選挙」後、どうなる、どうする”
~1993年UNTAC総選挙から25年、現在のカンボジア政治・人権状況を検証する~

【日時】 2018年10月13日(土)12:15-17:00(11:45開場、受付開始)

【会場】 上智大学四ッ谷キャンパス6号館3階301

【使用言語】 日本語。 基調講演は英語で行います。(日本語翻訳配付)

【資料代】 一般1,000円/学生700円(カンボジア市民フォーラム会員は無料)

【お申込み】 カンボジア市民フォーラムのホームページ(www.pefocj.org)の参加フォームからお申込みください。*事前申込制

 1993年国連暫定統治下の選挙を経て25年、カンボジアの和平と民主主義は定着したかに見えました。しかし昨年、最大野党(総議席数123のうち55議席を占めていた)の強制解党という異常な状況の下、本年7月29日第6回「総選挙」は行われました。事前に予想された通り、与党カンボジア人民党は「圧勝」全125議席獲得ということになりましたが、国際社会からは大きな批判を浴び、また国内的には発言しにくい政治状況の中、不満の声は鬱積しています。
 本プログラムでは、渦中にあるトゥン・サライ氏(カンボジア人権開発協会【ADHOC】代表)を招聘し、第一部において、人権状況について討議を行い、また「総選挙」とその前後の政治・人権状況を振り返ります。また日本の外交政策における人権の重要性を確認します。第二部では、カンボジアの状況を、東南アジアや中国からの視点をふくめ総合的に見直します。
  総選挙そして政治過程は社会のあらゆるセクターに影響を与えるテーマですので、NGOを含む国際協力や調査・研究、メディア、ビジネスなど、カンボジアおよび日本の外交・援助政策にご関心のある皆さまの幅広いご参加をお待ちしております。

〈プログラム〉

開会の辞: 丸井雅子所員(上智大学アジア文化研究所)

第一部
・ 12:30~ 基調講演: 「総選挙、政治・人権状況とこれからのNGO」
 トゥン・サライ氏(ADHOC)

・ 13:15~ 2018年「総選挙」前後の状況報告:

・ 13:40~15:20パネル・ディスカッション:
「カンボジア政治状況と、日本の協力のあり方」
 司会:宇井志緒利(フォーラム共同代表/立教大学教員)
    杉浦正俊課長(外務省総合外交政策局人権人道課)
    高橋智史氏(フォト・ジャーナリスト)
    米倉雪子氏(昭和女子大学教員)
    佐藤安信(フォーラム世話人)

第二部 15:30-17:00 東南アジア、アジアの中のカンボジア
 司会:熊岡路矢(フォーラム共同代表/日本映画大学教員)
    浅見靖仁氏(法政大学教員 タイ政治)
    中野亜里氏(大東文化大学教員 ベトナム政治)
     ペン・セタリン氏(プノンペン大学教員。東南アジア文化支援プロジェクト代表)
    佐藤安信(フォーラム世話人/東京大学大学院教員/元UNTAC人権担当官)

閉会の辞: 枝木美香事務局長(認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク)

【主催】カンボジア市民フォーラム
【共催】上智大学アジア文化研究所
    認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
【撮影記録協力】 日本映画大学
【助成】公益財団法人庭野平和財団
【お問い合わせ】カンボジア市民フォーラム事務局 E-mail: pefocj[atmark]hotmail.co.jp
  電話03-3834-2407(水曜日のみ対応可能)/FAX 03-3835-0519

2018年9月26日

10/15 第262回東南アジア考古学会例会

第262回東南アジア考古学会例会をご案内いたします。各国の研究者より、カンボジア・スリランカでの最新調査成果の報告いただきます。ご出席いただけますようお願い申し上げます。

テーマ:「カンボジア考古学の最新調査」

日時:10月15日(月)13:30−16:30

受付:13:10

場所:奈良文化財研究所 新庁舎4階会議室2
アクセス:近鉄大和西大寺駅北口から東へ向かい、二条町交差点を南へお進みください。

参加申し込み:10月13日までに、E-mailで佐藤宛までご連絡ください。当日参加も歓迎いたします。

連絡先:佐藤由似:yuni[atmark]nabunken.go.jp
奈良市二条町2−9−1
奈良文化財研究所企画調整部国際遺跡研究室

プログラム

13:30 開会挨拶

13:35ポルキンホーン・マーティン (フリンダース大学)
「再構成された王国:カンボジアの16・17世紀の都、ロンヴェークにおける初期的な考古学調査」

14:00 ラム・ソピアック(奈良文化財研究所)
「プラサート・プレア・チャトムックの考古学調査」

14:20 ソク・ケオ・ソヴァンナラ (奈良文化財研究所)
「西トップ遺跡中央祠堂の修復」

14:40休憩

15:00 マルティネス・アレハンドロ、安倍雅史(東京文化財研究所)
「タ・ネイ寺院の保存・考古学的調査」

15:20ブラザーソン・デイヴィッド (シドニー大学)
「商業・首都・地域:アンコール終焉に至るまでの貿易陶磁・居住形態と連続性」

15:40ジョンソン・ウェイン(ニューサウスウェールズ州文化財部戦略的計画・遺産課 上席考古学研究職)
「1200−1900年のスリランカ、マナールにおける植民地期遺産に関する初期的な考古学研究」

16:00 討論・質問

2018年9月14日

10/8 大東文化大学アジア地域研究科2018年度国際会議

大東文化大学
アジア地域研究科2018年度国際会議

1. 日時・場所
2018年10月8日(月)13:15~17:00(終了後に懇親会)

大東文化大学東松山校舎管理棟3階大会議
http://www.daito.ac.jp/access/higashimatsuyama.html

(会費無料、事前申し込み不要)

2. テーマ:カンボジアの政治状況と日本の関わり
 カンボジアは1993年の国連管理下における総選挙以後、現在までにフン・セン首相率いる人民党に権力が集中し、野党の解散、メディアやNGOへの統制などが国際社会で批判の対象になっています。2018年7月29日に実施された総選挙は実質的に人民党のみの選挙となり、その正当性が疑問視されています。
 このようなカンボジアに対し、日本は開発援助や法整備支援などを行ってきましたが、その意義や有効性が問われています。日本在住カンボジア人の間でも、母国の状況に対する懸念が高まり、日本側からのさまざまな働きかけがなされています。この会議では、和平プロセス後のカンボジアの状況と日本との関係を振り返り、2018年総選挙の結果から今後の課題を提起します。

3. スケジュール
司会:中野亜里(大東文化大学)

13:15~13:20 開会挨拶:鹿 錫俊(大東文化大学大学院アジア地域科委員長)

13:20~13:30 趣旨説明・登壇者紹介:中野亜里

13:30~14:05 講演(1) 「母国の公正な民主化に対する在日カンボジア人の思いと願い」
チュープ・サラーン(都留文科大学非常勤講師、NPO法人すたんどばいみー代表理事)

14:05~14:40 講演(2) 「取り残されるカンボジア農村の人々と乳幼児」
米倉雪子(昭和女子大学准教授)

14:40~15:15 講演(3) 「カンボジア政治状況と日本(NGO・政府)の関わり」 
熊岡路矢(日本映画大学教授、カンボジア市民フォーラム共同代表)

15:15~15:25 休憩

15:25~:16:10 コメント・質問
  東 佳史(立命館大学教授)
  福家洋介(大東文化大学)
  須田敏彦(大東文化大学)

16:10~16:55 自由討論

16:55~17:00 閉会挨拶:井上貴子(大東文化大学大学院アジア地域科専攻主任)

17:20~19:00 懇親会

2018年8月14日

8/25 【再掲】第7回プノンペン部会プログラム

<日本カンボジア研究会 第7回プノンペン部会>
■日時:2018年8月25日(土)14:00~16:40

■場所:名古屋大学日本法教育研究センター(王立法律経済大学・F棟・地階)
    Monivong Blvd, District Tonle Basac, Khan Chamkamon

■プログラム
14:00~14:10:趣旨説明、参加者の自己紹介

14:10〜15:20:研究発表(1)
 ●傘谷 祐之(名古屋大学)
  タイトル「カンボジア人の氏名について:フランス植民地期における創氏の試みとその失敗」

15:20〜15:30 休憩

15:30~16:40:研究発表(2)
 ●笹川 秀夫(立命館アジア太平洋大学)
  タイトル「カンボジア仏教寺院に関する歴史・地理データのデジタル化とGIS(地理情報システム)による分析」

※研究会終了後、懇親会を予定しています。

■参加申し込み:
  大体の人数を事前に把握するため、研究会への参加を希望される方は、傘谷<kasaya.yushi[atmark]e.mbox.nagoya-u.ac.jp>まで「お名前」「ご所属」「e-mailアドレス」をご連絡ください。
 参加のご連絡は、8月22日までにお願いいたします。

8/25 発表要旨(1)

名前:傘谷祐之

所属:名古屋大学アジア共創教育研究機構研究アシスタント

報告タイトル:カンボジア人の氏名について:フランス植民地期における創氏の試みとその失敗

要旨:カンボジア人の名前は、一般に、二つの部分から構成され、その前半部分は父の名であることが多く、後半部分がその人の固有の名である、といわれる(「父の名・自分の名」型)。しかし、名前の前半部分に父の名ではなく父方の祖父の名を用いる例や、日本の「氏」に相当するものをもつ例もあることが知られている。一方で、歴史を紐解けば、あるフランス人が1900年に公刊した著書には、カンボジアでは「氏(Les noms patronymiques)は存在せず、男も女もその出生の時に与えられた固有の名しか持っていない」との記述がある。
 してみると、カンボジア人が今日のように二つの部分からなる名前を用い始めたのは20世紀に入ってからだと考えられるが、それはいつからか。また、現在のように「父の名・自分の名」型を原則としつつ例外も許容する複雑な制度となったのは、何故か。
 この報告では、カンボジア国立文書館が所蔵する官報、大臣会議議事録その他の資料を参照し、1907年の王令がカンボジアの人々に氏の使用を命じたことを確認する。そして、その後の王令の適用過程において、カンボジアの人々の間に氏を巡る誤解が生じ、やがて「父の名・自分の名」型の「誤用」が広まっていった、という仮説を提示する。